So-net無料ブログ作成
検索選択

出産6・・・マヤヤ誕生 [妊娠・出産・育児]

(次でもう生まれる!?本当に!?・・・・早っ!!)
と、いうのが正直な感想。時計を見る余裕もなかったので実際どれくらいの時間なのかわからなかったが、3人がかりで介助になってからもう生まれるまでがすごく早かったような気がする。

いよいよここからが核心!!
私としては、会陰(えいん=出口周辺)を切りたくない!!!

初産婦で会陰が切れない確率は10%程度だといわれている。つまり90%は切れてしまうのだ。この難関に挑む!
とはいえ、ドコンドコン波の陣痛が来たら体はコントロール不能・・・・・どうすりゃいいんだ!!って感じだが、今の私にできることは未知の経験の中で、出産本に書いてあった方法をやってみるしかない。

最後の陣痛がきた!「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」

助産師さん「出ますよー!出ますよー!!」

「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」(もう限界!)
出口が熱いような痛さ、これがたぶん頭が通過している感覚。出産本によればここで「ハッ、ハッ、ハッ」と短い呼吸に切り替える。
「ハアハアハア※#$%&ハアハアハア◇¥!*□☆」(できているのか、いないのか!?、もう限界!!)
助産師さん「そうそう、呼吸短く、もうすぐですよー」

もしかしたらイイ線いっているのかもしれないと思われた、その時!!予期せぬ、おまけのドコン波が!!
「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」
助産師さん「いきんじゃダメ!!まだ足がでてない・・・!!」
(そんな事言われてもーー!!これは私の意思ではない!!)
「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」・・・ヨシヒデは私の断末魔を聞いたらしい・・・


助産師さん「おめでとうございます!!産まれましたよー!!」


もう限界で目を閉じてしまっていたが、次に目を開けた時には足元の方で泣いている赤ん坊が目に入った。

・・・・産まれた・・・・産まれた!産まれたよ!!

私「ヤッターーー!!スゴーーイ!!」
産まれた直後に私はどんな事をいうのかと、自分でも想像できなかったけれども第一声はこれだった。なんとも言いようのない歓喜の感情が湧き上がってきた。

しきりに泣いていた赤ん坊がカンガルーケア(=生まれたての赤ちゃんと肌を密着させる)で私のお腹の上に乗せたとたんに泣き止んだのもビックリ。
私からは赤ん坊の頭のてっぺんしかしか見えないけど・・・・(ああ、わが子よ・・・ちゃんと肺呼吸に切り替わったね、重力の世界へようこそ)とジーンと来た。

その後、赤ん坊は看護師さんに連れて行かれ、LDRの片隅にある身体を温める器械のところで色々養生をされている様子。赤ちゃん産まれたら分娩は終了かというと・・・まだです!
その後、胎盤が正常に出て分娩終了となるのです。
しばらくして助産師さん「胎盤でますよー」
胎盤排出時は別に痛くもなく自然に出てきた様子。しかし、その後があった・・・・・
お腹に残っている血液などを出す為らしいが、助産師さんから「ちょっと強く押しますねー」っと言われてお腹をグググーーーと押されたのが痛い。それを2、3回やられた後で医師登場。
とりあえず医師もグググーと押してまた痛い。で、やっぱり会陰は切れたようで、縫合です。やるだけやったつもりだったのに、でも最後のおまけのドコン波はやはりよくなかったか・・・・切れてしまった。切れずに産むのは至難の業と思われる。
私が縫われている間、ヨシヒデは片隅で赤ちゃんの写真撮ったり、無言でジーーーと見たりしている。私も早く赤ちゃんの顔とかじっくり見たいのに、縫う時間がやたら長い。
と、いうか・・・・何か所か縫っているので、だいぶ裂傷になってしまったのかもしれない。
想像するだけでも怖いけど・・・先生に「だいぶ切れたんですかねぇ・・・?」と尋ねると「うーん、人並みだね」との返事。にしても・・・「イタ、イタタタ・・・・」途中で麻酔も追加してもらった。

結局、縫合時間に40分くらいかかって、やっと再び赤ちゃんとご対面!

やっと顔をじっくり見ることができた。やっぱり生まれた直後の顔ははガッツ系なんだ~。手が白くてシワシワでまじまじと触ってしまう(ずっと羊水の中にいたからふやけているみたい)。初乳をやってみようと乳を吸わせてみると思ったよりも強く吸って痛かった。
あとは、バースプランで「胎盤を見てみたい」と書いておいたので、看護師さんが胎盤を見せてくれた、結構大きい臓器な様相、すごいなーこれで栄養を送っていたのか。
その後は私とヨシヒデと赤ちゃんと3人で、この出産の出来事を話ながらLDRで過ごした。ヨシヒデは出てくる瞬間を見たとの事、頭が出たかと思ったら「ツルンっ」とでたらしい。私の会陰が切れるのも音で分かったらしい「プチっ」と音がしたらしい。
私はとにかく陣痛はコントロール不能だったのが印象で、あれよあれよと出産に至った感じ。
そんな話をしながら2時間くらいたっただろうか、時刻は深夜3時。

私は病室に移動、赤ちゃんは新生児室に移動、ヨシヒデは帰宅することとなった。

(おわり)



゚*゚ +・。゚:*:。・+。・゚*゚ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚゚*゚ +・。゚:*:。・+。・゚*゚ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚

名前はずっと前から決まっていたんだ。
きっと私達を選んで生まれてきたんだね、神様からの授かりものだ。
これからよろしくね!

マヤヤ!

マヤ誕生.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

あさやん

改めましてお疲れ様です。

読んで世の中の母親を尊敬すると思ったよ。

ただ、大変リアルで怖かったです…。
チキンな自分には絶対無理です。
by あさやん (2014-08-29 19:47) 

o-matsu

やっぱちょっとリアルすぎたか…(^_^;)(やっぱ特にエイン…)
まあ人生に一度の経験だし!
ブログ書きながら改めて振り返ることができて良かったよ。
授乳の合間で書き上げたよ(o^^o)
by o-matsu (2014-08-30 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。