So-net無料ブログ作成

出産5・・・次で産まれます [妊娠・出産・育児]

その後ヨシヒデも到着。陣痛時に声を出して苦しんでいる私を見て、状況の変化にビックリしている様子。(声を出さずに「ふーーー」で頑張っていたけれども、先ほどのでタガが外れて陣痛時には唸るようになってしまった)

――間歇期
ヨシヒデ「大丈夫!?」
私「大丈夫じゃない!!超、腰が痛い!!腰さすって、あと、水!!」
ペットボトルの水を私に飲ませて、腰をさするヨシヒデ。
私「そこじゃない!もっと下!!・・・・・うーー来る来る・・・!!」

――陣痛
私「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」(唸ってます)
ヨ「がんばれー、がんばれー」(腰をさすさす)

――間歇期
私「休憩、休憩、水!!なんか破水したら急激に進んだみたい」
ヨ「腰はどの辺が痛いの?この辺??」
私「違う、もっと下!結構強めでいいからね・・・・・うーん、来るかも!!」

――陣痛「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」(唸り声)

――間歇期(休憩)

――陣痛「※#$%&◇¥!*□☆ーー!!!」

――間歇期(休憩)

とにかくこの繰り返し。

陣痛はドゴンドゴンと波打つようにやってくる、その間、私の身体はコントロール不能。
よく、出産本に「いきみを逃がす」とか書いてあるけれども、このドゴンドゴン波が「いきみ」であるならばどう逃がせばいいのか私にはわからなかった。早くいきみ過ぎると会陰が切れてしまうとか書いてあった気がしたけど。どうしようもない、唸るしかない、次は休憩がくるから。

助産師さんが様子を見に来た。子宮口7~8センチ。「トイレ行きましたか?」と聞かれて、病院に到着してから一度も行ってなかったので「ちょっとトイレ行ってみます」と言うと。(ベットから1.5メートル先くらいの目と鼻の先にトイレがある)今の状況で自分でトイレに行くのはまずいと言われて尿道に管を通すことに。陣痛の合間で苦労して体勢変えたりしたわりにはあまり取れず。でも、こまめな水分補給をしてくださいとの事。

と、いうことで、間歇期にはヨシヒデがペットボトルのストローを私の口に入れて水を飲ませる繰り返し。
だんだんと休憩の時間が短くなり、陣痛が強くなっていく。
(こんなのが何時間もつづくなんて無理!)と弱気になりそうになるが、とにかく休憩できる時に休憩、それで乗り切るしかない!!
しかし、心でそう思っていてもどんどん強くなる陣痛に恐怖心もあり。気付けば、間歇期なのに手元のバーを力いっぱい握っているのに気が付いた。全然、休憩になってない!
これではいかんと思い、意識して陣痛後は手をだら~んとさせて、それを自分の目で見ることによって(私は休憩しているんだ)と言い聞かせることにした。

その後、助産師さん登場「どれくらいか調べてみますね~・・・・あ!もう8~9センチくらいになってますよ、がんばってください」
そこからは助産師さんと看護師さんも着いてくれたような気がする。(どの段階でそうなったか記憶が曖昧)私は横向きに寝た状態になっているので、陣痛が来るとヨシヒデが腰をさすり、看護師さんが上になっている片方の足を持ち上げ、助産師さんが出口担当、というフォーメーション。

陣痛が来そうになり、私が「・・・う~~。来ます!来ます!!」と言うとヨシヒデ、助産師さん、看護婦さんの3人がかりで取り掛かり、陣痛の波が過ぎると足も降ろして休憩。
私としては、陣痛の間、自分の身体がアウトオブコントロールなのでいきみ逃がしも何もなくとにかく痛みに流されるがまま。それでも助産師さんが「上手、上手~」とか言っているので(一体、なにが上手なのだ!?まったく不明!!)と思いつつも、これで良いらしいので唸りつつ次の休憩を待つのみ。そして、休憩がきたら腕をだら~んとさせて深呼吸。

途中でヨシヒデが「赤ちゃんもがんばってるんだから!」と言っているけれども、ハッキリ言って私は自分の事で精いっぱい。それでも一応言葉では「一緒にがんばろうね」と言うだけ言っておいた。(後から聞いたら、NSTのモニターで陣痛中に酸素がいかなくなると胎児の心拍の針がグーーンと下がり、私が深呼吸するとグーーンと上がるのをヨシヒデは見ていたとの事、私はNSTの機械に背を向ける形で寝ていた為それを見ることができなかった。もし見ていたらもっと「一緒にがんばってる感」を持つことができたかも)

そうこうしている間に助産師さんから「もう子宮口、全開なのでいきんでいいですよ~」と言われたものの、いきむも何も自分の意思ではどうにもできない。ただ、しばらくしてもう生まれるんだという自覚だけはできた。なぜなら・・・・何かがオマタに挟まってる感覚があるから!!
助産師さんに「もう頭がでてますよ~、触ってみます?」と言われたけど、状況的に無理です!!(あーあ、産んだ後だと、せっかくだし、あの時触っておけばよかった、と思う)

出産本に悲鳴のような高い声を出すと恐怖心でお産が進まなくなるとか書いてあった気がするけど、もうここまできたら悲鳴に近いです。

そしてとうとう、助産師さんから「もう、次で産まれますからね~」と言われた。

つづく
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

あこ

おもしろーい!!!
手に汗握るよー!
by あこ (2014-08-20 00:11) 

o-matsu

出産にもドラマがあったな~~(しみじみ)
by o-matsu (2014-08-28 16:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。