So-net無料ブログ作成
検索選択

秩父御岳山 [登山]

トンネルを抜けると・・・・・ガスだった!!!

当初、週末天気はビミョーだったけれども、晴れ女パワー(私+山ガァル)が効いたのか、少々はマシになってはいた。
でも、トンネルを抜けたら・・・・・ガスだった・・・・

とりあえず。道の駅の温泉に車を止めて。「たぶん、朝の霧だよ、時間がたてば消えるよ」ということで出発!!

今回は木曽御嶽山を開山した人物ゆかりの山。私個人的に、木曽御嶽山はかなり好きな山、なぜなら、ホンモノのパワースポットだから!!
まさか、奥秩父にこんなゆかりのある山があるとも知らなかった、とても興味深くてこの山に来た。

ただ、不確定要素としては、今回の登りルートが落石で登れないとの情報もあったので、そのあたりがどうなっているのか・・・・

と、登山口の神社付近で地図をみながら「行けるのかどうなのか」と話をしていると、突然モンベルのジャケットを着たおじさんが現れて。

「落合ルート、う回路作ってあるから行けるよ!」と。「その林道沿いに進んでいくと登山道に入る道があるから」

そのまま進むと、登山口の看板の裏側で斜面の崩れたのが見えた、しばし立ち止まっていると・・・・

「もっと、先、先に進んで!!」とモンベルジャケットおじさんが教えてくれた。一定の距離を保ちながら私達の後ろをついてくる形で登山口を教えてくれた。
ちょっと進むと超手書きのルート図が・・・・・
超手書きルート図.jpg

私「たぶん、あのおじさんがう回路を作ったんだよ!」
ヨシヒデ「まさか!」

なにはともあれ、落合ルートは通れるらしい。ここからは肉球マークに導かれて進む。
肉球マーク.jpg

少し行くと砂防ダム付近にも作業中の人がいて、4月になると工事に入っしまうから通れなくなる事を教えてくれた。本当はまだ通ってはいけないらしいけど・・・・
「落石に気をつけて、そこを抜けて普通の登山道に入れば大丈夫だから」

ありがとうございます!!
砂防ダムを越えたところが、一番ひどい崩落地点と思われる。自然の力はすさまじい。
崩壊地.jpg

自然の力を目の当たりにしながら、それにしても、結構倒木が多かったり、どこから正規の登山道に合流したのかわからない感じで登りつめる。

結構な登りだけれども、下世話な話で登りきる!
頂上に着いたらガスは晴れている予定だったけれども・・・・頂上もガス・・・・。
山頂.jpg

下りの道もガス。尾根を下る。
下山道.jpg
しかも結構、急な下りで足が痛くなった、林業の作業道と登山道が交錯している。
方向感覚もよくわからなくなって、最後は林道を下って超手書きのルート図にたどり着いた。

行きはお参りできなかったので、帰りにお参り。御嶽さんマークを発見!やはり興味深いよ!!

駐車場へ帰ったらそのまま温泉へ!
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

YAC関東平野

また、秩父の山へ登りに来てくれたのですね。自分も、昔々、この山へ登りました。大学の部活(山岳部ではありません。)の同期、2年後輩とでした。秩父の低山は、芽吹き・新緑の頃、紅葉の頃がお勧めです。今からしばらく良い季節と思いますので、また来てくださいませ。
by YAC関東平野 (2013-04-18 21:18) 

o-matsu

秩父もいろいろ山があって興味深いです!

また行きます!(^^)v
by o-matsu (2013-04-21 22:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。